いきなり黄金伝説の後番組が判明!最終回の理由は?

RHRTQ0R040NEdxNDRLSz.png
出典:しらべぇ

いきなり黄金伝説が、9月22日で「最終回」となってしまいます。残念なお知らせですが、一体なぜ最後なのか、その本当の理由が気になりますね。表向きには最終回の理由が公開されていませんが、ネット上では「視聴率低下」や「マンネリ」の2点ではないかと推測されています。



最終回の理由は視聴率低下やマンネリ?


視聴率低下に関しては、黄金伝説の企画に関連していて、スタートしたばかりの2001年から2010年くらいまでは 「無人島企画」や「1ヶ月1万円生活」など、他番組には真似ができないオリジナル企画を行う黄金伝説という番組は視聴率が高かったので、毎年のように放送されてきました。

しかし、2010年以降から2015年までを見ると、当時のようにオリジナル企画が毎週放送されず、放送されても「無人島企画」は年に1~2回や特別枠となり、「1ヶ月1万円生活」は今では見る機会が0となりました。


そして、2016年になった今では、他番組でも紹介される様な屋外でのお店や食事を紹介する企画とは少し違う有名駅弁の食べつくし、即日完売グルメ、サービスエリアの食べ歩きなど食事関係の企画に力を入れて黄金伝説を毎週のように放送されたことが結果として視聴率低下に繋がったのではないでしょうか。

毎年1回くらいは無人島企画は最近でも放送されましたが、毎週の枠で公開されない事から、こちらでも視聴率が伸びず、最終回の手段しか残らなかったのではないでしょうか。

このまま放送されたとしても、同じような企画が続き視聴率低迷となれば、最悪の場合は、稼いだお金が赤字となるので、新たな番組を制作する為に最終回の選択となったのでしょう。

また、最近ではレギュラー陣のほとんどが他番組でもレギュラーとなっている事で、スケジュールが合わず忙しくなったことが無人島企画や1万円生活から食事関係に変更された理由だと考えられます。


スポンサーリンク





気になる後番組は?


いきなり黄金伝説の視聴率に関しては、特に過去から今までの中では無人島企画が一番やらせが感じられず、感動を呼ぶオリジナル企画だったことで特番でも最近まで公開されていて視聴率が15%越で高かった様です。

また、2004年12月30日の大晦日に特別枠で「伝説」総集編と田中直樹の新伝説SPが高視聴率の18%だったことで、一度テーマを編成されたが2005年2月以降に戻し、その後継続され「無人島0円生活」の食事企画がこの年以降も高かったので、それ以降の継続していた年までは1万円生活や無人島0円生活などは視聴率が高かったのではないでしょうか!


企画によりますが過酷伝説として、過去から今までの黄金伝説全て放送された映像から特に強い印象に残る、感動や放送事故など喜び、悲しみ、嬉しさ、危険全ての企画の中から視聴率が高い企画を編集してまとめて公開されたので、最終回の視聴率は良かったのではないでしょうか。


そして最後になりますが、いきなり黄金伝説が終了となった後番組はどんな番組なのでしょうか?

22日の夜、ネット上で既に黄金伝説の後番組がネタバレとして公開されていました。

その内容によると10月から毎週日曜日の19:00から放送していた、TV朝日の「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」が木曜日の19:00枠に移動となると書かれています。



最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

ブックマークよろしくお願いします。

関連記事
いきなり黄金伝説 無人島 2016年のロケ地は?
いきなり黄金伝説 最終回 3時間SP 打ち切りの理由は?


人気記事
石田さんちの隼司の彼女 なおさんの近況がツイッターで明らかに!
高畑裕太が40代被害女性を訴えない理由がやばい?
高畑裕太が被害女性と示談で釈放!不自然な点が多い事件
内村航平を嫁に略奪された岡部紗季子はベンヌでの体操教室の先生