小林麻央 現在の病状 最新 9月の余命 ステージは?

AzViQ1A1cDZYNmJxNzVhU3.jpg
出典:Pinky


小林麻央さんが自身のブログに、ガンの闘病生活をこと細かく書いています。9月20日のブログには「転移」があったと書いています。

ここから分かるのは、ステージ4だということなので、余命はどうなのか?が気になりますね。

また、実母も乳がんだったとブログにて告白していて、遺伝だったのかもしれません?

詳しく見ていきましょう。



ブログで転移の事実を公表


小林麻央さんは現在も、乳がん闘病の日々をブログに書いていますが、他の臓器への転移がはっきりしたようです。

ブログでは、以下のように書き綴っています。

心の準備は意外とできており、冷静に先生のお話を伺った。

この時点では、 まだ脇のリンパ節転移のみだった。 (その後、現在肺や骨などに転移あり)


また、実母が乳がんであることも綴っていて、遺伝したのでは?と不安の声も上がっています。

現在、肺と骨に転移があるということから、ステージ4の段階であることが分かります。

乳がんはそれ程珍しくはなく、女性8人のうち1人はかかるガンだと言われており、ステージ4は末期の最終ステージです。

ステージ4では、薬による治療や抗がん剤治療、ホルモン療法が中心になり、手術はしないのが一般的です。

特に、乳がんは骨に転移することが多くいという特徴があります。

骨がもろくなるため、骨折しやすくなり、ちょっとした動きや体重のかけ方によって、簡単に骨折するそうです。

脊髄が圧迫される症状があり、しびれや麻痺がひんぱんに起こるんだそうです。

骨に転移があるならば、通常、転移した肺や骨に痛みがあるそうです。

肺の転移には、息苦しさや咳が出て、胸に水がたまる症状があるそうです。

現在は、転移した痛みを和らげる治療が行われていると思われます。


スポンサーリンク






小林麻央の母親も乳がんで遺伝か?


ブログには、市川海老蔵と結婚したときに、実母が乳がんだったことも公表していて、遺伝によるものか?との声が上がりました。

遺伝性のがんは、若い頃にガンになり得る可能性が高いともされていて、乳がん患者の5%~10%は遺伝性だそうです。

実母の乳がんが分かったのは、結婚してからなので、最近ということになります。

不思議なことに、小林麻央さんは、定期的に検診を受けていて、早期発見できたわけですが、誤認との報道があって、悔やまれますね。


遺伝性ガン
両方の乳房にがんが発症、または片側の乳房に複数の原発乳がんがある場合
50歳以下で乳がんにかかった身内(1~3等身まで)がいる場合
上皮性卵巣がんにかかった近親者がいる
乳がんやすいがんにかかった近親者が2人以上いる場合



小林麻央はステージ4で余命は?


小林麻央さんはブログに書き込むことで、同じ病気と闘っている人のためになるならと始めたそうです。

ブログの反響も大きく、今回は転移とステージ4が判明したことにより、余命が気になります。

ステージ4は、乳がんを取り切ったところで、完治することが難しいそうで、延命を目的として治療そうです。

乳がんと共に生きることを決めた小林麻央さんには、自分の余命も分かっているかもしれません。


余命宣告されていて、母として子供を想う気持ちがあるので、闘病生活や今の気持ちを残しておくべきだという思いがあったのでしょう。

ステージ4になると、5年生存率は、26%~46%ぐらい、10年生存率は、13%~15%と言われています。

しかし、ステージ4と告知されてから、17年も生きている方がいるのも事実です。

余命宣告されても、それ以上生きる方がいるのは確かです。

ちなみに、好きなことをしていると、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)が活性化するので、やりたいことだけをやりつくした結果が、NK細胞を活性化し、ガン細胞を攻撃した可能性が高いと言われています。

結論として、ガンになったら好きなことをすることが一番の治療かもしれません。

ステージ4だと、末期ということになるわけですが、やりたいことをやってNK細胞が活性化することで元気になるかもしれません。

また小林麻央さんの元気な姿を見るのを楽しみにしています!!



最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

ブックマークよろしくお願いします。

人気記事
君の名は。の聖地は飛騨のどこ?
「君の名は。」の聖地は広島のどこ?
石田さんちの隼司の彼女 なおさんの近況がツイッターで明らかに!
高畑裕太が40代被害女性を訴えない理由がやばい?
高畑裕太が被害女性と示談で釈放!不自然な点が多い事件
内村航平を嫁に略奪された岡部紗季子はベンヌでの体操教室の先生